2006年06月28日

ロジックの難易度 ― 村偽ブロがもたらすもの。

最近、人狼に関係する「あること」について、考えさせられる事があります。
おそらく、この悩みに答えなど無いと思いますし、この悩みを解決させる必要もないでしょう。
しかし、悩んでみる価値はあるんじゃないかと思っています。

続きを読む

2006年06月19日

Friskさん殺人事件【解答編】

この記事は、6/18(日)の「Friskさん殺人事件」の解答編です。
まだ問題をご覧になってない方は、こちらを先にご覧ください。

http://fennel.sblo.jp/article/868127.html


→答えを読む
posted by S.Fennel at 21:44| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記>その他

2006年06月18日

Friskさん殺人事件【問題編】

ご冥福をお祈りします。

昨日未明、瑞穂ミノックジプシーテントにて、ふりすく太郎さんの無残な死体が発見されてしまいました。
死亡推定時刻は22時57分。死因は頚部殴打によるもの‥‥つまり、首をステッキ状のものでゲシゲシ殴られたのが死因です。

被害者の交友関係を調べたところ、4人の容疑者が浮かび上がりました。
のっちさん、チロルチョコさん、りずさん、ぴぴんさんの4人です。

容疑者一覧
続きを読む
posted by S.Fennel at 15:35| Comment(15) | TrackBack(0) | 日記>その他

6/17 大和人狼1ゲーム目

瑞穂の人狼が始まるまでの間、大和に遊びに行ってきました。
大和は21:30開始なので、ちょうど1ゲーム終わってから瑞穂に行くと、いい感じの時間になるのです。

さて、もらった役は、なんと狼。
そして相方はPINK HOUSEさんでした。

続きを読む
posted by S.Fennel at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 人狼>プレイ日記

2006年06月11日

容疑者のつくりかた講座

狼サイドのお仕事は、「容疑者をつくる」ことなんじゃないかと思っています。
もちろん、組織票で村人の数を減らしたり、噛んで村人の数を減らしたりするのも狼サイドの大事なお仕事です。しかし、それ以上に大事なのが、この「容疑者をつくる」ことなんじゃないかと思うわけです。

それは何故かと言うと‥‥容疑者が多ければ多いほど、狼が吊られにくくなるからです。
おそらく皆さんは、最終日に「もうこの人しか狼いないじゃん。」という状況を、何度も体験されていると思います。
狼は1回しかパスができませんので、3日間死人を出していない人がいる場合、その人は確実に「狼ではない」と判断されます。
その結果、消去法で狼がバレてしまうのです。

‥‥そんな時に困らないように、前もって容疑者を作っておくのが、
「狡猾な」狼サイドのやり方だと思っています。


<容疑者のつくりかた>

では、容疑者を作るにはどうすれば良いのでしょうか?
その人の役にもよりますが、それには5つぐらいの方法があります。

1.偽ブロック
2.自殺
3.(噛んでブロックされた場合に)相互ブロック
4.嘘カウンター(前回の同室者に容疑を着せる)
5.容疑者と同室させる


まず、1の偽ブロックは基本中の基本です。
偽ブロをするだけで、「確定村人」の数を減らすことができるからです。
しかも、偽ブロは、狼にも狂人にもできます。ですので、「確定村人」になりそうな人が出てきた場合は、迷わずその人と同室し、偽ブロをする事をお勧めします。


2の「自殺」も、かなり効果的です。
自殺は、偽ブロよりも大きなインパクトを与えることができますので、かなりの効果が期待できます。
狼が読めた場合は、思い切って「確定村人になりそうな人」と同室し、自殺をすると、かなりいい感じになります。

また、初日に狼しか動かなかった場合、2日目の投票で狼が吊られてしまう事があります。その場合、狼サイドにとって、かなり不利になりますので、ときには「初日に自殺」をして、容疑者をつくることも、かなり重要な作戦だと思います。
(理想は、初日に1人自殺して、もう1人の狂人が2日目に自殺してくれる事です。)


3の「相互ブロック」は、かなりリスクのある作戦です。
お互いが「狼はこいつだ。」「いや、こいつが狼だ。」と言い合うような形になるため、容疑を2人で分け合う事になります。
つまり、50:50の確率で自分が吊られてしまう可能性があるわけです。
また、カンのいい村人は、同室履歴を見て、相方を見破ってくることさえあります。

しかし、相手の牧師にも容疑を植え付けることができるので、狼にとっては、容疑者を増やす絶好の機会となります。
容疑者が増えれば増えるほど村人は混乱しますので、後々のことを考えると、相互ブロックは効果があるものだと思います。


4の「嘘カウンター」は、初日とかにやると、「用済み祈祷はリンチしよう」という流れになって吊られてしまうので、あんまり良くありません。
しかし、3日目とかになってくると、嘘カウンターによって「容疑者を増やす」ことが可能なのです。

例を挙げてみます。
Aさんは、Bさんを噛みました。そして翌日の会議でAさんは、こう言いました。
「Bさんに襲われたのでカウンターしました。」と。

これだけなら、ただの言い逃れです。しかし、Aさんはさらに、こう付け加えました。

「Cさん。あなたは昨日、Bさんと同室していましたよね? 狼同室だったんじゃないですか?」
「しかもCさん、あなたは初日の3人部屋で、死人を出しているじゃありませんか。」

こう言うだけで、Cさんをかなりの確率で、処刑台に送ることができるのです。このように、嘘カウンターは、うまく使えばかなりの効果が見込めます。


5は、4の応用です。
部屋割りのとき、自分に指名権が来たときに、容疑者を余り部屋に押し込むのです。

これも分かりにくいので、例を挙げてみます。
2日目の夕方、Aさんに部屋割りの指名権が回ってきました。
指名できるのは、以下の3人です。
・相方のBさん。
・初日に偽ブロされたCさん。
・今まで全く死人を出していないDさん。


ここで、Bさんを指名して、CさんとDさんを余り部屋に押し込んだ場合、Dさんに狼容疑をかけることができるのです。
もちろん、狼同室なので、(狂人が自殺しない限り)死人は出ません。
そこで、Aさんはこう主張するのです。

「今日は死人がいませんねぇ。もしかしたら狼同室かもしれませんねぇ。」
「昨日ブロックされてるCさんがDさんと同室してますよね。この2人、狼かもしれませんね。」

あとは、翌日の部屋割りでDさんを指名し、偽ブロや偽カウンターをすれば完璧です。


‥‥狼サイドの面白さがお分かりいただけたでしょうか?
これだから、狼や狂人はやめられないのです。


<容疑者を作るだけでは駄目です>

しかし、容疑者を作るときに、もう1つ、注意しておかなければならない事があります。
それは、「容疑者を減らさない」ことです。

せっかく容疑者ができても、噛んでしまっては意味がありません。
もちろん、部屋割り運が悪くて、やむを得ないときは仕方がありませんが、できれば容疑者は、生かしておくべきです。
そして、自分がリンチされそうになったときに、切り捨てるのです。

こうすれば、「狼がバレバレで、他に容疑者がいない状態」を回避することができるはずです。
そして、そのようなゲームはきっと「名ゲーム」として、みんなの楽しい思い出として、残っていくでしょう。

---------------------------

とまあ、長文なんかを書いてしまいましたが^^;
これが私の手の内です。

こんな事書いたら、ますます吊られやすくなっちゃうかな‥‥などと思いつつ、今日はこの辺で。
ではでは。

2006年06月04日

人狼ログエディタ Ver0.88α

5/19の記事でご紹介した人狼ログエディタですが、このたびバージョンアップしました。
ダウンロードはこちらからどうぞ。
(ただし、α版のため、動作は保障いたしません。ヘルプもまだありません^^;)

前のバージョンとの違いは、こんな感じです。

・ツールバーを実装しました。
・「ゲーム情報」ダイアログボックスで、プレイ人数を入力する必要が無くなりました。
 (人数を自動で取得するように変更しました。)
・下書きを保存したときに、カーソル位置が移動しないようにしました。
・「"You see"などを削除」を使ったときに、稀に消えないYou Seeがあったのを修正しました。
・メイン画面左上の、日付選択ボックスが機能しない不具合を直しました。
・「投票結果」ダイアログボックスを、21人プレイに対応できるように拡張しました。


さて、5/19の日記でもツッ込まれていましたが、実はまだ、ソフトのアイコンができていません。
しかも困ったことに、私は絵がかなり下手なので、アイコンなど、まず作れません。

そんなわけで、ソフトのアイコンを寄贈していただける方を募集いたします。

【条件】
・サイズが32×32であること。
・人狼を連想させるものが描かれていること。(上手下手は問いません。)
・bmp, gif, png, jpgなどの、ico形式に変換できる形式であること。
(.eriとかは読めないので、できるだけご遠慮下さい^^;)
・できれば.ico形式でいただけると助かります。

寄贈していただいた方には、お礼として、偽ブロします。(ぉぃ
ではでは。

Ver 0.88α スクリーンショット