2006年03月30日

人狼は難しいか?

ゲームをしていると、よく観戦PTなどで、「難しそう‥‥」という言葉を聞くことがあります。

難しいとヒトクチに言っても色々ありまして、それはおもに

1.ルールが難しい
2.プレイが難しい


の2つだと思います。

で、ルールなんかは1度やってみればすぐ覚えられるので、こちらの方は問題ないと思います。
投票の割り方とか、狼のパスとかが少しややこしいですが、これだけはどうしようもないかなと思います‥‥

問題は、「プレイが難しい」の方です。
もちろん、ただ単にプレイするだけなら、そんなに難しくありません。
会議をして、投票をして、各部屋に行って、戻ってきて。
それだけなら、何ら難しいことはありません。

問題は、それだけじゃゲームにならないという事です。
会議では狼(もしくは祈祷や狂人)を探し、狼を見つけ出すための投票をし、自分の役に見合った部屋割りをし、夜の部屋では必死に騙す。

‥‥まあ、たしかに難しいなと思います。
が、これは半年以上プレイしてきた私にも難しいことです。

‥‥おそらく、全てを完璧にできるプレイヤーは、ほとんどいないんじゃないかと思っています。(いたらとっくに飽きてると思います。)
つまり、難しいからこそ面白いというか、なんというか‥‥

結局のところ、「勝ったかどうか」「失敗したかどうか」よりも、どれだけ頑張ったか、どれだけ楽しませるプレイができたか‥‥‥が一番重要なんじゃないかと思っています。

もちろん、勝つのも目標の1つです。でも、ゲームの楽しみ方って、それだけじゃないと思うのです。
その答えは‥‥人によって違うと思うので、書くことができませんが。
楽しむことと楽しませることが、一番大事なことであって、それは決して難しいことじゃないと、思っています。

#などと、妙にニオイのある文章を書いてしまいましたが、まあいいや^^;

ではでは。
posted by S.Fennel at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 人狼>その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/512071

この記事へのトラックバック