2007年09月24日

司会のときの小技。

人狼の司会の進め方は人それぞれですし、一長一短もありますので、あくまで参考程度ではありますが‥‥
ここでは、私が司会のときによくやる事を書き並べてみることにします。
(ただし、ものすごく細々とした事ばかりですので、役に立つかどうかは分かりません。)

----------------------

・部屋割りのときのサイコロは、1回目だけ2度振りにする。
→1回目のサイコロの目で、まず一部屋目の指名をします。
 そして、一部屋目の人が悩んでいる間に、2回目のサイコロの目で、二部屋目の指名を決めてしまうのです。
 そうすれば、少しは時間短縮になります。
(ただし、サイコロの目から次の指名相手を読まれないよう、指名方法を複雑にする必要があります。)


・配役はできるだけメモ帳などのテキストエディタに書く。
→そうすれば、配役の本にコピー&ペーストするだけでネタバレが書けますし、最後の配役発表も楽になります。
(面倒なので、たまにしかしませんが^^;)


・ネタバレ本を書くときは、キャラ名のスペースを省く。
→例えば、「Dir An Gray」というキャラ(^^;)がいるとします。その時に、ネタバレ本に「狼:Dir An Gray, Nanase」などと書いてしまうと、狼が3〜4匹いるように見えてしまいます。そのため、「DirAnGray」と縮めて書くようにしています。

・余り部屋のときは、「○○さんと○○さんが相部屋です」と言うようにする。
→「○○さんと○○さんが同室です。」と言ってしまうと、「狼同室」を連想させてしまいます。(それで本当に狼同室だった場合は、目も当てられません。)
 そのため、「相部屋」という表現をしています。(3人部屋の場合は「〜〜〜が3人部屋です。」と言っています。)「余り部屋です。」でも良いのですが、なんだかアレですしね‥‥^^;


・配役を配るときは、狼は素早く、他の役のときは必要以上に時間をかけて配る。
→狼の場合、相方を教えたりしなければならないので、配役に時間がかかります。
そのため、配役にかかる時間が長いと、「もしかしたら‥‥‥?」と思ってしまう人がいるかもしれません。
そのため、狼以外の役のときは、必要以上に時間をかけて配役するようにしています。


---------------------------

とまあ、あくまで「個人的な」こだわりを書いてみました。
実際に役に立つかどうかは不明です^^;

ではでは。
posted by S.Fennel at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 人狼コラム>司会編
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5570784

この記事へのトラックバック